企業情報

国産大型航发鋳造技術の難関を突破する主要部品

中国航空工業貴州省安吉精铸会社のほぼ2年後に不断の努力を占めるCJ1000商用大ダクテッドは航空エンジンのキーコンポーネント、高温合金全体機箱の鋳造技術。
 
国内でまだ各種開発技術、国外から学ぶことは技術工芸厳密封鎖の情況の下で、中国航空工業安吉精铸完全に頼って自分の生産や技術力、集智の難関を通じて、「産・学、研」と協力し、十分に引き出しや各種ポストを発揮する幹部社員の才覚、喜んで。ここ2年のたゆまぬ努力を経て、成功したCJ1000商用大ダクテッドより高温で合金エンジン全体機匣鋳造難関を登るのは今国内の高温合金精密鋳造技術のピークを国内には大型旅客飛行機のエンジンは高温で合金全体機匣を鋳造技術上の空白。
 
高温合金と熱強合金、耐熱合金や超合金はにじゅう世记よんじゅう年代に発展してきた新型航空材料、主に航空エンジンの熱端部品も、宇宙飛行、エネルギー、化学工業の重要な材料。わが国は、高温の合金材料研究と使用上のスタートは遅い、国外と同類の業界に比べて差が大きい。発展の角度から国家戦略を加速し、高温の合金材料研究と使用に短縮でき、国外と同類業界格差が目前に迫っている。同様に、開発の開発と生産を中国人自分の大きい飛行機、新中国の数代航空人の夢、それは国の総合的な実力の象徴、何代の人はこのために込めた生涯航空。をの組み合わせてセットにした航空エンジンは同人のように「心臓」は、飛行機の一番核心の部分は中国航空工業貴州省安吉精铸会社が開発した中国商飛C 919大型旅客機のエンジン用の高温合金全体機箱は「心臓の心臓」。こんな鉄鋼はいったいどんなに錬成のだろ?
 
2011年きゅう、く月、北京国際航空宇宙展覧会で展示された中国初の商用航空エンジン「長江」CJ1000A;2012年さん月、中国工程院院士冯培德は「長江」せん国産エンジン予定十三五」期間には組立。上記の背景の下で、2014年さん月じゅうく日、安吉精铸公司副総経理吴光鹏、高温合金精铸工場工場長王志勇などの代表が招待された会社は夜明け会社司会で開催中の「長江」せん商用エンジン高温合金大雑薄肉ターボ後機匣精密鋳物案論証、会議を聞いたから国内の高温合金精密鋳造業界の技術レベルの高い単位が提出した異なる方式の技術の設計案。上海交通大学、安吉精铸と協力を主体とし機匣錐壁全体精铸成形工程プログラムを引き起こし、参加した専門家や学者たちの関心が高く、この技術を採用して徹底的に解決案の鋳物加工、組立や使用して問題が増大した鋳造難しい度、国内のまだいかなる例にもかかわらず、安吉精铸はチタン、アルミ精密鋳造技術全体を多くの国内第一、蓄積しても一定の技術の経験が、外形寸法以上の1 . 3メートルの復雑な薄肉型高温合金鋳物かつ精密鋳造技術を採用して全体で安吉精铸も始無前例。中国商用飛機に代表全体への鋳造成形の懸念は、分体鋳物加工後溶接応力問題を眺めていた専門家や学者たちの切実な期待、吴光鹏即座に立てた全体の質と量を鋳造機箱、そして時間どおりにはノードの軍令状交付。
 
著作権所有:荘河市靑空精密鋳造有限公司 技術サポート:lhren.com.cn
著作権所有:荘河市靑空精密鋳造有限公司
技術サポート:lhren.com.cn